二酸化塩素って塩素でウイルスを不活性化しているのですか?

塩素ではありません。なんと酸素です。

なぜ酸素でウイルスが不活性化するのでしょう?

鉄が錆びるのは、鉄が酸素と結合して酸化するからです。
簡単にいうとウイルスに二酸化塩素がくっついて酸化させる事でウイルスを不活性化させます。

空気中の酸素ででも酸化するという事ではないのですか?

空気中の酸素は安定しているので、結合しないのです。
電子はプラスとマイナスをもっているのが安定した状態です。
しかし、二酸化塩素(CLO2-)はマイナス電子のみを付帯して不安定な状態(フリーラジカル)
結合先を探している状態なのです。

では、なんにでも結合するのですか?

安定しているものとは結合しません。ウイルスは単体で生存する事ができない性質で、
ウイルスも融合先を探しているのです。

キューブミスターで二酸化塩素を浴びるとどうなりますか?

キューブミスターで噴霧したミストが付着した場所にウイルスがあれば、融合先を探している
ウイルスに、二酸化塩素が積極的にくっつきに行きます。
結果、ウィルスと結合し、酸化する事により不活性化します。

ミスト化した二酸化塩素は空気中に漂いますが、安全なんですか?

二酸化塩素は安定したものに対しては何もしません。ミストは空気中に漂い落下します。
その際ウイルスが空気中にあれば、キャッチして落下します。
その際に先ほどお話した仕組みでウイルスを酸化させますので、安全かつ空気も綺麗に
保つ事が可能です。

ウイルスはどれぐらい不活性化できるの?

いい質問ですね!二酸化塩素はここからが凄いんです。
二酸化塩素はガスの状態(気体)で水の中に溶存しています。(水素水と同じ考え方です)
実際にバリアミスターで実験してみました。以下のルミテスター計測結果をご覧下さい。
ミストがあたった直後に24分の1までウイルスの量が減りました。
でもウイルスに当たらなかったガスは徐々に下に降りようとします。(空気より重い為)
その際にウイルスがまだ存在すれば結合していくのです。10分後にはなんと93分の1になりました!

汚れた衣服

ミスト噴霧直後

ミスト噴霧10分後

これは対象を拭き取った後のデータではなく、噴霧直後にミストがあたった場所を調査した結果です。キッコーマン社製のルミテスターを使用しています。
※衣服はしみ込んでしまい簡単には測定しきれないのでこの方法をとりましたが、結果的に除菌力の証明となりました。